個別指導塾の選び方

親身になってくれる先生がいるかどうか

名前から想像できる通り、マンツーマンで指導を行う形式を採用しているのが個別指導塾の特徴です。塾を選ぶうえで大切なのは、親身になってくれる先生がいるかどうかということです。親身になってくれる先生は、生徒の目線に立ち、さまざまな面から心強くサポートをしてくれます。どこが理解できていないのかしっかりと把握し、その生徒のレベルに合わせ、わかりやすく指導をしてくれるでしょう。

個別指導塾は先生がたくさん必要になるため、アルバイトで雇われた先生がほとんどです。そのため、教育にあまり熱心じゃない先生がいることもあります。マンツーマン指導だからこそ、教えてくれる先生によって勉強の成果や生徒の意欲は大きく変わります。個別指導塾を選ぶ時は、親身になってくれる先生がいるかどうか知るために、教室長と面談して確認してみましょう。

同じ先生がずっとついている担任制かどうか

「担任制」とは、毎回同じ先生が生徒の授業を担当するシステムのことです。担任制ではない場合、講師のシフトの都合などを考慮し、週ごとに先生が変わってしまう恐れがあります。いつも同じ先生が担当した方が、効率よく勉強を進めることができますし、何より信頼関係も築きやすいです。担任がいない状態だと、その生徒の成績に関してや将来に関してあまり責任をもってくれないということも考えられます。せっかく親身になる先生に出会えても、勉強を教える先生がコロコロ変わってしまっては意味がありません。個別指導塾を選ぶ時は、親身になってくれる先生がいるかどうかだけでなく、担任制かどうかもしっかりチェックし、選ぶようにしてみましょう。

© Copyright Benefits Of Tutoring. All Rights Reserved.